上達につれて変わる「帯の色」

柔道や剣道といった武道では上達につれて「昇段」しますが、柔術では帯色が変わることが昇段にあたり、「帯が上がる」と言ったりします。キッズは「白→グレー→黄→橙→緑」、大人は「白→青→紫→茶→黒→赤」と昇格していきます。帯が上がるまでは上達度に応じて「ストライプ」が1本ずつ帯に巻かれ、ストライプの5本目にあたるのが次の帯です。自身の成長を感じられるストライプも嬉しいですが、やはり帯が上がる嬉しさは格別です!

帯制度は、柔術の国際機関であるIBJJFによって定められている全世界共通のもので、それぞれ取得できる年齢や最短の修了期間が定められています。柔術の公式試合は「性別・帯色・年齢・体重」に分別されたカテゴリ内で戦うため、帯が上がっていくにつれ試合のレベルも高くなっていきます。この帯制度の詳細は日本ブラジリアン柔術連盟 JBJJFのサイトに掲載されていますので、ぜひ参考にしてみてください!

【鎌倉・大船・湘南で格闘技を始めるなら、柔術スタジオ カルペディエム鎌倉/大船へお越しください!キッズクラスもございますので、お子さまの習い事にも。鎌倉駅から徒歩約4分、大船駅から徒歩約3分です】